カテゴリ:腰

【毎日ストレッチしているのに腰痛の方に伝えたい3つの事】

ストレッチ

いつも一生懸命ストレッチしているのに腰痛がよくならずに困っていませんか?

もしかしたら、そのストレッチに問題があるのかもしれません。

ここで紹介する方法を実践すれば、あなたの悩みが解決できます。

僕自身、この方法を実践して、ずっと悩んでいた臀部のダルさから解放されました。

その3つの事とは...

1.今、やってるストレッチをやめましょう。

いきなりビックリしました?

ずっとストレッチやってきて今の状態なんですよね?効果は?

それにストレッチは関節が硬いからと言って無理をしてしまうと逆に関節の破壊になります。恐ろしい...

無理なストレッチしていませんか?逆に関節を傷めている可能性があるので先生に相談するなり、正しく行ってくださいね。

2.相撲力士を見習おう!

相撲力士がまた割りしてるの見た事ありますか?地べたに座って開脚して胸がつくまで曲がるんですよ。

相撲力士って身体が柔らかいですよね?

あれって入門してから股関節の靭帯きるんですって!100㎏以上の先輩たちに乗られてブチッって...痛そう...

あんなに身体が柔らかかったら身体の調子良いでしょうね。。。とは逆で、怪我をしない相撲力士もいれば、怪我の多い相撲力士もいます、何が違うと思います?

身体ができてるんです相撲力士の身体はどのように作られるのか?

それは基本動作の四股です。

四股を多くする相撲力士は怪我もしにくいし、強いです。

今、名古屋場所の真っ最中ですが白鳳(はくほう)はかなり四股踏んでるみたいです。

それとストレッチがどう関係してくるのか?

いくら身体が柔らかくてもダメっていう事です。

じゃあ四股を踏むのか?踏みません。

歩くんです!

また歩くかよ!って思いました?だけど何回も言うくらい重要な事なんです。

騙されたと思って試しにやってみて下さい。応援します。

3.冷やす。

特に歩いた後に冷やすのが効果的です。

野球のピッチャーを思い出してください。試合が終わってから肩、肘と大げさなくらい巻いてますよね?あれは冷やしてるんです。

人間の関節は熱を持つと壊れる特徴があるので熱をしっかり取ってあげて下さい。

まとめ

ストレッチを辞めるという事は、完全に辞めるんではなくて自分流を辞めるという事ですね。

歩く→冷やす、重要な事です。出来る所からチャレンジしてみて下さい!

コメント


認証コード7895

コメントは管理者の承認後に表示されます。